弁護士は特別な存在

ホーム

交通事故というのは気を付けて運転していてもどうしても避けられないことがあります。
もし事故に合ってしまったときは保険会社から損害賠償金がお支払いされますが、最初に提示された額は低いことが多いです。
これは保険会社も営利団体なのでお支払いする損害賠償金をできるだけ抑えようとするからです。

損賠賠償金には自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準があります。
自賠責が一番低く、弁護士が一番高い損害賠償金に設定されています。
基準が一つであれば何も問題は起きないのですが、このように3つに分かれているので、交通事故後には裁判が行われることが多いです。

交通事故を取り扱っている弁護士事務所にご依頼されると一番高い弁護士基準に引き上げてくれるように保険会社と交渉を行います。
ご自身で交渉しても保険会社もプロなのでなかなか難しいですが、弁護士も交渉のプロです。
2倍3倍までに増額されたケースもございますので、すぐに示談に応じてしまわずに、まずは弁護士に相談されると良いです。

専門家と無知な自分では争っても勝ち目がありません。
ですから、専門家に依頼するのです。
弁護士に対しても料金は発生しますが、それでも依頼した方が手元には多くの賠償金が戻ってくることがあります。
事故はショックも大きいですので、専門家に頼むのが間違いないです。
ストレスの軽減にもなるでしょう。