弁護士は特別な存在

慰謝料

頼れる弁護士交通事故のことは気軽に相談

交通事故 弁護士という資格は存在しませんが、弁護士はそれぞれ得意分野が異なります。

そして、資格は存在しなくても、俗に交通事故に詳しい弁護士は、交通事故 弁護士などと
呼ばれているようです。

交通事故は一般人が巻き込まれる可能性が非常に高く、死亡事故や怪我などが起きた場合、
加害者に対して慰謝料を請求することができます。

しかし、例えば医師の診断書が必要かどうか、どのように相手方に請求するのか、
知らない人が多いのではないでしょうか。

慰謝料

それもそのはずで、法律によって規制されている私たちは、普段自分とはかかわりのない
ことについては関心を持っていません。

それでも相手方に請求する必要がある場合が生じ、わからないと慌ててしまいます。
交通事故 弁護士はまさにそうしたわからなくて悩んでいる一般人のために存在しています。

どんな小さなことでも快く相談に応じてくれますので、疑問や悩みがある方は相談しましょう。

示談前にも相談はした方が安全

依頼する慰謝料については、過去の裁判例の集積があるので、もし裁判になったら
勝訴する見込みがあるのか、勝訴できるとしてどのくらいの慰謝料を
請求できるのかといったことがわかります。

しかし、一般の人は裁判例のことはわからないので、その無知に付け
込まれて保険会社と低い金額での示談を成立させてしまうといったこともあります。

弁護士で普段から交通事故を取り扱っている方の場合、まずこれについての知識は
持ち合わせているため、依頼者の状況に応じて適切な判断をすることが可能です。

したがって、自分だけでどうにかしようとするのではなく、
一度は弁護士に相談したほうが良いです。

一度和解してしまえば、それを覆すことは簡単ではありませんし、覆せるとしても
時間と労力がかかり、被害に遭った人にとっての負担はとても重いものとなります。

弁護士の中には初回無料相談を受け付けているところもありますので、まずは相談してください。